幸せの定義は人それぞれでいいと思う。

シェアする

こんばんは、つぶさんです

幸せの定義

この言葉を知らなくて、最近ふとした時に知りました

幸せに定義なんてあるのかな

定義の意味を調べてみましたが、いまいち意味が分かりませんでした笑

100人いたら100通りの人生があって、価値観もそれぞれで幸せを感じる瞬間も違うはずです

お金があって立派な家や車があるけど家族の仲が悪い家庭、お金はないけど家族は仲がよくて笑いの絶えない家庭

どちらが幸せを感じれるのでしょうか

きっと後者ですよね

誰もが羨む家庭も、フタを開けてみると幸せじゃないかもしれません。

マツコデラックスさんが、こんな事を言ってました

「ただ人の成功をねたんでいるだけでは、生きている価値がありません。そして、成功イコール幸せでもないもんよ。人生とは、えらく厄介なものですね。そう、自分が幸せかどうかは、自分で決めるしかないのよ」

人生とはえらく厄介なもの

自分が幸せかどうかは、自分で決めるしかない

この言葉がすごく響きました

自分自身の幸せに気付かなければ、いつまでも幸せを追い求めて目の前の幸せに気付けないのかな

これもハッと気付かされました

コンプレックスは誰もが持っているものです。あなたとでも結婚してくれた夫がいるのであれば、どうしてその目の前にある幸せを幸せだと感じようとしないのですか?

赤の他人だった2人が一緒にいることって奇跡だと思います。

旦那を大切にしよう笑

今日はこの辺で

ブログ読んでいただきありがとうございます

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ
にほんブログ村



スポンサーリンク